BAD BRAIN

自作の音楽とかを出すブログ

五十音についての考察

日本語の発音の美

僕は五十音についての独自の研究を進め、ついに五十音のあり方を解明した!

 

この記事では、僕の持つ五十音1つ1つのイメージを晒したいと思います。

相当に意味分からない記事かもしれませんが、どうぞ。

 

 

 

五十音→個人のイメージ

行きます。

 

あ行

あ→間の抜けた母音。唯一無二の優しさを含んでいる。

い→数学的な発音で、単語に知性を与える。

う→詰まった音、柔らかくて鈍い音。他の音を補助する。

え→『い』に似ている。こちらの方が神秘的。

お→バカっぽい。とっつきやすい。

 

か行

か→かなり特徴のある発音で、インパクトがある。

き→鋭くて知的。

く→『う』みたいなもん。適当かよ。

け→ぶっきらぼう。あらくれ者っぽい。

こ→余韻と存在感が凄い。

 

さ行

さ→疾走感があり、爽快。

し→静かに潜む、忍者みたいな音。

す→空気が抜けて、存在感が無い。補助。

せ→マイナスのイメージで駆け抜ける音。

そ→『し』。ちょっと強い音?

 

た行

た→幼さのある音。

ち→発音は幼いのに「血」。壮絶。

つ→我関せず。傍観者。

て→勢いあり、深みなし。

と→母音が『お』なのに、神聖さを感じさせる。

 

な行

な→ミステリアスだが、親しみもかんじる。

に→幼く見えるが、切れ味がある。

ぬ→ねっとり。

ね→ひねくれ者の『え』。

の→間抜けな音だが、実は知性を隠し持つ。

 

は行

は→『あ』を強くした音。インパクトは増した。

ひ→怯えている。単語によって美しくもなる。

ふ→中二病っぽい。ふっ。

へ→なにもかもバカにしている音。

ほ→『お』以上に間抜け。だが優しい。

 

ま行

ま→妖しい雰囲気を漂わす。

み→『ま』を少しポップにしたかんじ。かわいい。

む→不動。

め→サイコパスなかんじ。(ごめん、上手く言えない)

も→ダサい。『ぬ』と合わせるとクソダサい。

 

や行

や→軽い。

ゆ→かわいい。

よ→馴れ馴れしい。

 

ら行

ら→綺麗な音。汎用性抜群。

り→切なくなる音。

る→掴めない。流れる雲みたい。

れ→『ら』に切れ味を加えた音。

ろ→普遍的で、ら行にしては退屈。

 

わ行

わ→とてもファンタジック。ワンダー。

を→『お』。

ん→音を綺麗にまとめる。形を整える音。

 

 

 

いかがだったでしょうか

あくまで個人の意見ですが、参考になりましたか?なんの参考になるんでしょう。

とにかく、言葉の発音は一つ一つに魂が宿っているとおもいます。

皆さんも是非!自分だけの五十音考察をやってみてね。楽しいよ。