BAD BRAIN

自作の音楽とかを出すブログ

借り染めの情緒(検閲なし)

f:id:rt2fk3:20190419061241j:image

僕がこの絵を書くのに使った時間は10分にも満たないが、気分とはそういうものだ。

ものだ、じゃない。ものなのです、と言え。言うのです。いちいち丁寧に言うのです。です。

 

やってられるかい、そんな下らない戯れを。毎日を前戯に費やすわりに、大層な口を利こうとするんですね。沈黙をお知らせ致します、繰り返します。

分かってるよ、この絵がなにに影響されてるかなんて!誰にも分からなくても、僕にはハッキリと分かるもん…そうだ、昨日の記事で戒めたことはなんだっけ。《ロクでもない考えはよせ!》だったな。うるせぇ黙ってろ、お前と僕は違う人間なんだ。そんなに言うくらいなら死ねば良かったのにね。

 

今日は心が綺麗な日だ、だから死ねるかもしれない。(軽々しく生死を語るな!!)いっそ公衆の面前に躍り出て、ナイフでもって刺してみようか、この胸を。それからなにをするか…?満足したら、いつも通りの生活に戻ろう。隣人も肉親も、誰も救えない、僕にはなにもできない。なにか出来ても知らない、関係ない、僕はとりあえず逃げられるだけ逃げるから。春は苦しい。

 

「今もあなた以上に苦しんでいる人が居ます。」

「今もあなた以上に悲しんでいる人が居ます。」

「今もあなた以上に怒っている人が居ます。」

 

居るわけないだろそんなもんお前がなにを基準にしたかは知らないが僕は僕だしソイツはソイツなんだよ苦しみを天秤にかけてはしゃいでんじゃねぇよどうせ口だけでお前だって大したことはできねぇくせに下らねーことばかり言って人の心を弄んでんだよな体が嘘でできてんだ裸になったらお前には心のひとつも残らないはずだ眼球が動いてねぇものその位置からお手軽に万人へ声が届くと思うなよ偽善者が

 

それでも、夢の中へ君を探しに行こう。僕は寝ます。お休みなさい。